本日、シートが外されました!

いやぁー、想像していた以上に素敵です♪

法人、設計、建築をはじめとする多くの想いが凝縮した施設。

介護施設然とせず、コンパクトながらも温かみのある建物になりました。

 

…しかし、肝心なのはここから。

『笑い溢れる場所』になるか、それとも『笑いの無い場所』になるかはすべて職員次第。

ここは終の棲家。

その意味を心に刻み、ご利用者さんが〝ここで良かった〟と感じて頂ける様、皆で頑張ってまいります!

画像をクリックすると拡大します。
正面1Fがラウンジカフェ。
井戸を掘り、池を作り、広葉樹の植栽。
池の魚は「くちぼそう」で決定!(いざとなれば食べられます♪)
画像をクリックすると拡大します。
施設の横~裏は「ドウダンツツジ」でレイアウト。
新緑や紅葉が今から楽しみです♪
…こっそり「山椒」も(理事長には内緒)
画像をクリックすると拡大します。
屋上からシートを撤去中。
…えっ、クレーンの上に人影?

はっはは。
まさかねぇー、どれどれよーく見てみよう。
画像をクリックすると拡大します。
ひ、人が!
はやまるなぁー!
オジサンで良ければ話し合おうではないかぁー!

…あっ、作業員さんでした。
しかし、すごい度胸です。
画像をクリックすると拡大します。
施設より徒歩30秒の石上公園へ。
様々な石仏がずらっー
画像をクリックすると拡大します。
ずらっー

よく見れば『庚申塚』です。
宝永(1704年)~万延(1861年)の期間に建立されています。
庚申塚特有の猿が所々に。

ふと見れば、一つだけ『道祖神』。
集落の境目や辻を守る神様(道の神様)

なぜこの場所に?
画像をクリックすると拡大します。
裏側に説明版がありました。

〈要約〉
鎌倉時代、この地は砥上と呼ばれ、西行や鴨長明が歌にした場所。
又、江戸時代は境川を渡る船渡り場であった。

道祖神が建立されている意味がわかりました♪
江ノ島詣や大山参りに多くの人が行き交う場所だったようです。
画像をクリックすると拡大します。
  嫌ぁー!!!!!(しつこい)

 

歴史ある土地で新たなスタート。

道祖神さん(道の神様)も『道の到達場所として良い場所にしてね』と応援してくれるに違いありません。

今日も就職見学の方が複数来園。

寒い中、ありがとうございました♪

渡邊