兵庫県神崎郡神河町根宇野の柚子生産者「植木さん」が関野記念まで柚子を届けに来てくれました~♪

新幹線で3時間、そこに至るまで1時間以上。

柚子の販路拡大を探るべく🗼東京へいらした流れで足を運んでくれました。

恐縮の極みながらも嬉しい-♪

 

関野記念と植木さんのご縁はこのスタッフブログ。

 

植木さんは東中野(東京)にあるレストランで🔪シェフを務めていました。

その際、多くの野菜が見目の為に農薬/化学肥料を使用されている現実に疑問を感じ、特に食材として関心深かった柚子も同様であることを。

そこで、自然農法により柚子を生産している場所を調べ、食材として取り入れてゆくうちに「兵庫県神河町」の存在を知る。

柚子と言えば馬路村などがメジャーながらも、神河町も柚子生産地。

しかし、中々存在が知られていない。

それに、柚子と言うのは、収益効率から言えば非常に厳しい💦

「蜜柑」「林檎」などはシーズン通して誰もがたくさん食べるが、「柚子」は香りづけ等に使われるため消費量は少ない。

商売として難しい・・

故、生産から撤退する人も。

 

植木さんは一念発起!

「こんなに素晴らしい柚子が埋もれてゆくのは悲しい、ならば自身が生産者となり、少しでも神河町の柚子を世間に広めたい!!!」と。

 

神河町役場へ相談し、休耕地を借り、先輩農家から学びながら数年。

生産量も少しづつあがり、どう神河柚子の販路を広げてゆくかに奮闘中。

 

この日も、関野記念の後に東京へ戻り、菓子製造機メーカーへ打ち合わせに行くとのこと。

清流豊かな神河町で生産されている米など、様々な生産品を組み合わせた銘菓等が出来ないかなど。

大変だけど、夢がいっぱい♪ヾ(≧▽≦)ノ

 

植木さん、頑張ってください!

関野記念も頑張りマース!

画像をクリックすると拡大します。
【左側から】
・K統括主任
・植木さん(Тシャツは柚子柄♪)
・理事長
・事務Тさん(兵庫県は神戸出身でーす♪)
画像をクリックすると拡大します。
植木さんの柚子LOVE(。・ω・。)ノ♡に引き込まれます。

 統括Kさん
『( `ー´)ノ僕、これから柚子を主食とします!』
 理事長
『(-_-)では、私はすべての水分補給を柚子汁にするかな』
 事務Тさん
『あたし、これからの人生、黄色い服しか着ませーん!』
画像をクリックすると拡大します。
神河町の銘菓「かりんとう饅頭」も頂いちゃいました。

蛸せんべい、喜んでくれたかなぁー・・

21(月)、管理栄養士さんが柚子ジャムに挑戦!
乞うご期待~♪