↑ 出征する方の無事を祈り、一針づつ通行人に縫って貰う『千人針』

鵠生園には誰もが足を止める場所があります。

通称『昭和コーナー』

10年以上前となりますが、ご利用者の〝今〟や〝今後〟を考えるだけでは何かが足りない。

どんな時代を生きてこられたのか〝時代背景を学ぼう〟と自主勉強会。

資料を集めるだけでなく、ご利用者に〝若かりし頃の時代〟を伺いました。

 

・・誰もが大切な人を戦争で失っていました。

・・・誰もが忘れられない記憶を心に秘めていました。

あまりに壮絶な内容に言葉を失うことばかり。

この穏やかな笑顔の奥底には、誰にも話せなかった辛く悲しい思い出がどれほどあるのだろうと。

人の命が軽んじられていた時代。

 

Sさん(女性)

戦前では稀有な恋愛の末に結婚。

しかし、赤紙召集で一緒に過ごせたのはたったの1年半。

必ず帰ってくるからと約束。

南方に派遣されたことまでは知ることができたけど、終戦の混乱で消息不明。

帰ってくる、約束を守ってくれると信じ続け、信じ続け、信じないと生きていけない想いで待ち続け、昭和21年夏に戦死通知。

硫黄島での玉砕。

遺骨は未だ帰らず。

だけど、その人は待ち続け待ち続け、自分が精一杯生きたら必ずご主人が迎えに来てくれると信じ待ち続けました。

「一生懸命に生きないとあの人に顔向けできない」

「あの人の分まで楽しんであげないと」

「私はこんなおばあちゃんになってしまったので、主人が迎えに来てくれた際に驚くんじゃないかしらねぇ」とよく笑っていました。

数年前に他界。

ご主人が迎えに来てくれたんだなぁーと思いました。

 

ご利用者と話すにつれ、様々なものを託されました。

自宅に置いておけばいつか捨てられてしまうもの。

だけど、思い出がいっぱいあるもの。

そこで思い付いたのが展示コーナー。

ご利用者さんが昔を懐かしめる場所。

ちらっとご紹介致します。

画像をクリックすると拡大します。
当時の生活用品を展示。
記憶をたどる場所です。
画像をクリックすると拡大します。
戦時国債や貨幣等。
新聞には〝戦うこと〟〝耐えること〟が多く書かれています。
画像をクリックすると拡大します。
右上の書は「海ゆかば」
学徒兵の方が自宅に宿泊された際に記されたそうです。
画像をクリックすると拡大します。
東郷平八郎の書。
〝天に正義を興せば、神は至誠を感ず〟
〈意味〉正義を行えば、神は人間の誠を感じ、味方になってくれる
画像をクリックすると拡大します。
戦前の童謡歌集。
色彩豊かで、驚くほど素敵なイラストです。
画像をクリックすると拡大します。
なんとまぁー・・
戦前とは思えません。
画像をクリックすると拡大します。
昭和13年のサンデー毎日。
日中戦争がはじまった頃でしょうか。
画像をクリックすると拡大します。
昭和19年。
既に戦線も後退し、神風特攻隊が編成。
フレーズ、色彩等、厳しさが伝わります。
画像をクリックすると拡大します。
戦後復興時に販売されたレコード。
明るさが戻ってきているように感じます。
しかし、意表を突いたタイトルですねー
画像をクリックすると拡大します。
さぁ、当時の洗濯を体験してみましょう!
画像をクリックすると拡大します。
芋をネズミ取り器に入れたら、お腹を空かせた職員が掛かりました!
画像をクリックすると拡大します。
大切にします!

 

忘れられないご利用者の言葉があります。

〝よく、年寄りは戦争の話をしたがらない〟

〝辛い記憶だろうからあまり聞いてはいけない〟

と言われるけど違いますよ。

悲しい時代だったから当然話したくない人もいるでしょうが、多くの人は違うのではないでしょうか。

話したくないのではなく、誰も聞きたがらないし、話してもあまりに知らなさすぎて話せないのです。

何の知識も無く、興味や同情で聞かれて答えられるような体験ではありません。

話したい、聞いて欲しいと思っている人はたくさんいます。

ただ、話していいのなら、知りたいのなら、「真剣」に聞いて欲しいのです。

もう私たちには伝える時間もありません。

お願いします。

 

・・10年程前の取り組みですが、内容を一部改めて1月からの新施設研修で皆さんと学べればと思います。

『過去』を知ったうえで『現在』『これから』を。

関野記念鵠生園、皆であったかい場所にしましょう♪

今日、見学に来てくれた方々ありがとうございます!

渡邊