昨夕はたくさんの〝雪虫〟がふわりふわり。

明日の天気予報は雨若しくは雪。

「雪虫が飛ぶと冬到来」「雪虫は降雪を知らせる虫」の逸話通りです。

今日の片瀬は写真の如くどんより。

雲が低く垂れこめ、悪天候を予感させる雲行。

ちょっと寂しく、だけど風情のある景色です。

そんな寒風吹きすさぶ今日、多くの見学者(新施設への就職検討方々)が来園してくれました。

飾らず、あるがままの法人を説明。

結果は如何に!?

(下記写真も屋上より撮影)

画像をクリックすると拡大します。
夕映え。
富士の人穴(鍾乳洞)と江ノ島岩屋が地下深くで繋がっているという伝説をご存知でしょうか。
画像をクリックすると拡大します。
日が沈むと伊豆半島は影絵状態へ。
画像をクリックすると拡大します。
 薄明光線
宮沢賢治は「光のパイプオルガン」と表現していました。
画像をクリックすると拡大します。
「無量光」「天使の階段」など様々な呼び名と意味。
天候不順時のちょっとした合間に見ることが出来ます。

明日の朝、雪が積もっていたら路肩の排水溝沿い等をよーく見てください。

隙間から隙間へ、点々と小さな足跡・・

雪は普段気が付くことのない生き物の存在を教えてくれますよ♪