水鉢のうえに大きな羽虫!(゚д゚)

久し振りに見ました。

カゲロウ。

それも『モンカゲロウ』さん(たぶん・・)

河川中流域の砂礫で幼虫期(約1年)を過ごし、やっとこ成虫に。

蝉は成虫7日の命ですが、カゲロウは更に短く1日・・

 

その1日で次の種を残す。

大切な大切な悔いを残せない1日。

 

ひょっとしたら、施設の井戸池や水鉢に産卵へ来たのかも知れません。

 

・・だけど、この流れも無い、溜め水環境ではカゲロウ幼虫に生き残るすべはありません。

申し訳なく、なんだか切ないです(-_-;)

 

唯、このカゲロウには、

『私はこの1日を無駄にしなかった』『種を残す使命を果たせたんだ』『この命、使い切れた』

そう感じていて欲しいです。

生きてきた意味があったことを感じ、その命を終えて欲しいです。

 

 

七夕。

ラウンジカフェにご利用者さん方々と飾り付けましたー♪

短冊はこっそり燃やし、願いを天に届けます!

 

・・えっ?、なんかいる(゚д゚)!

 

画像をクリックすると拡大します。
・・熱心に短冊を書かれています。
さぁ、覗いてみましょう♪
なになに。
「大きな人参くださいな」「鯖食べたいです」
へェー???
画像をクリックすると拡大します。
あっ、こっち見た。
画像をクリックすると拡大します。
えっ、なになに?
こ、告白???
画像をクリックすると拡大します。
あっ、すごく喜んでいる。
画像をクリックすると拡大します。
おおっ、受け取った。

画像をクリックすると拡大します。
たっく、最近の若者は・・
しかし、今日は彦星と織姫が再会する大切な日。
目をつぶりましょう(-_-)

ところで、貴方がたは誰・・?????

 

 

〝馬〟と〝セイウチ〟の被り物は職員の大切な小道具。

少しでもご利用者さんに「笑って欲しい」。

例えそれが「失笑」であっても、「表情を緩めてくれる」だけで嬉しい。

そんな想いの職員が様々な小道具を日々活用し、ひんしゅく覚悟で独特なパフォーマンスを見せてくれています。

失笑でも、滑っても、めげずにあの手この手を考えてくれる職員さん。

その気持ちが心底嬉しいです。

 

明日は七夕。

雲間で良いから☆彡見せて欲しいですね。