昭和49年8月、特別養護老人ホームとしては藤沢市の中で一番最初に設立された歴史ある施設です。精神科の上村医師が設立し、重度の認知症高齢者(当時痴呆老人)を当初から積極的に受け入れ、ケアを行ってきました。当初鵠沼海岸に立地していましたが、平成15年に現在の場所に移転し、50床から100床へ増床しました。

定員 100名(入居90名<男性12名・女性78名>、短期入所10名)
2F 一般棟 28名(短期入所4名)
3F 一般棟 36名(短期入所2名)
4F 認知症棟 36名(短期入所4名)
居室 多床室(2人、4人部屋)、個室(短期入所のみ6部屋)
男性部屋は各フロア1部屋(4人)づつで12名

鵠生園特養 理念 方針

【理念】(常に目指すもの)

看取りを行う終の棲家として、常に安全で安心で居心地が良く、『ここで最期を迎えて良かった』と誰もが思えるような、あたたかい生活環境を提供していきます。

あたたかい生活環境とは?

(1)人間関係、コミュニケーション、笑いや明るさ、笑顔等の人的な環境

(2)清潔、照明の明るさ、眺め、楽な姿勢や体感温度等の物質的な環境

【方針】(常に心がけるもの)

  1. 利用者を人生の大先輩として捉え、尊厳を守り、不安を受容し、自由な生活空間を提供していきます。
  2. ふれあいを大切にし、利用者とその家族、スタッフ、ボランティア、誰もが笑顔になれる生活環境を提供していきます。『今日を楽しく、今日を生きる』
  3. 専門性の向上、スタッフ自身の成長のため、組織的な人材育成に努め、常に誇りを持って働ける施設を作りあげていきます。

屋上から眺める海の景色は格別。
江ノ島を目の前に、遠くに富士を仰ぎます。

明るくさわやかなお部屋でゆっくりお過ごし下さい。